忍者ブログ
伊藤英明應援 3號站
23 . April
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26 . August

算是篇有褒有貶的影評

大概翻最後一段 (感謝馬老師友情幫助


崔相當努力了,前半的解說旁白和動作場面稍嫌生硬,直到謎般的流浪集團乘著帆船到來故事就突然變得有趣起來。

特別是伊藤英明所飾演的頭目不動,拉丁式的風格讓人激賞。.........() 將複雜的主題織入簡潔的娛樂動作片是導演的本領,如果是大映的話可以做出如『座頭市』般的系列作,但松竹是不可能的。


到底什麼是拉丁風格ORZ

但一出現就像故事有趣起來,很好!!




【邂逅 カルチャー時評】四方田犬彦 『カムイ外伝』実写映画となる


2009.8.23 07:50 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090823/acd0908230750003-n1.htm

 

        
         



 白土三平の『カムイ伝』は1960年代を代表する劇画であるが、やはり未完のうちに終わることだろう。徳川時代に生を享(う)けた3人の身分の異なる少年が、いかに自己実現を果たそうとして挫折するかという叙事詩的物語はいい。だが、それが現実の歴史のなかに設定されてしまったため、虚構と歴史の間の矛盾に物語が耐え切れなくなってしまったのだ。


 崔洋一が『カムイ伝』を映画化するにあたり、その長大な物語は置いて、『カムイ外伝』の中でも小さな挿話だけを採りあげたことは正解であった。忍者集団から脱走したカムイが追手を避けて漁村に身を隠し、そこで別の脱走者の女性にめぐりあうという物語である。CG技術の発展がなければ、実写映画でこうした企画は成立しなかった。


 崔はなかなか健闘している。前半は解説口調とアクション場面の生硬さが目立つが、謎の放浪集団が帆船で到来するあたりから俄然(がぜん)と面白くなる。


 とりわけ伊藤英明演じる不動という頭目が、ラテン的ないかがわしさを漂わせていて好ましい。主役の松山ケンイチは体が固く、蹴(け)りを披露できないのが残念。複雑な主題を簡潔な娯楽アクションに仕立てあげたのは監督の手腕だろう。これがかつての大映なら『座頭市』のようにシリーズとなるが、松竹ではまず無理だろう。(明治学院大学教授)


                   ◇


 『カムイ外伝』は9月9日から全国ロードショー。

PR
無題
拉丁风格...请参照<佐罗>里的Antonio Banderas....(哇哈哈...这算是赞美么?)
noinさん / 2009/08/26(Wed) / 編集
無題
Antonio Banderas
這種感覺也不錯,很帥~~
我也看到有人說是像Pirates of the Caribbean

不管怎樣都跟現在的他很不一樣
shinさん / 2009/08/26(Wed) / 編集
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]