忍者ブログ
伊藤英明應援 3號站
22 . September
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12 . May


悪の教典公布4位重要卡司


二階堂ふみ飾演直覺敏銳,對蓮實抱持不信任感的片桐怜花

染谷将太飾演喜歡怜花,同時也是集體作弊的主謀早水圭介

林遣都演和同性戀老師發生性關係的學生前島雅彥

山田孝之演性騷擾學生的體育老師柴原徹朗


這個卡司引人注意的地方是主要演員幾乎都有參加國際影展的經驗

伊藤英明2007年以『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』入圍威尼斯影展

2010年山田孝之也以『十三人の刺客』入圍威尼斯

而二階堂ふみ和染谷将太在去年搭檔演出園子溫的「庸才」雙雙得到威尼斯影展新人獎

4月10日開鏡,6月殺青,預定11月10日全國公開


製作人臼井央的表示

現在正在怒滔般的拍攝編輯中, 務求趕得上今年的國際影展

導演和演員都具有企圖心

不只要把這分衝擊留在日本,也要傳達到世界上去










サイコ教師 蓮実の生けにえ 映画「悪の教典」主要キャスト

中日スポーツ 2012年5月10日
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012051002000161.html

 サイコな高校教師が、クラス全員皆殺しを謀る衝撃の映画「悪の教典」(三池崇史監督、11月10日公開)で、伊藤英明(36)演じる史上最凶の主人公・蓮実の“ターゲット”となる生徒、同僚教師の主要キャストが9日、分かった。

 映画「ヒミズ」(園子温監督)に出演し、昨年のベネチア国際映画祭で日本人初の最優秀新人賞“マルチェロ・マストロヤンニ賞”を獲得した染谷将太(19)&二階堂ふみ(17)のフレッシュコンビに加え、三池監督の「十三人の刺客」で同映画祭に参加経験のある山田孝之(28)が参戦。

 伊藤も三池監督の「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」でベネチアを経験しており、三池監督はじめ、経験者5人がそろい踏みで、「悪の教典」の“ベネチア出品”を目指す構えだ。

 臼井央プロデューサーは「クランクアップ後、すぐに三池監督が編集作業に入り、急ピッチで海外映画祭の選考に間に合うよう進める予定。監督・キャスト含め、本作の衝撃を日本にとどめず、世界に届けられるよう挑戦の日々です」と気合を見せている。

 蓮実の担任クラス・2年4組の生徒で、直感が鋭く、蓮実の仮面にうすうす気づいている片桐怜花役に二階堂。集団カンニングの首謀者・早水圭介役には染谷。

 一方、同性愛者で蓮実の同僚教師と関係を持つ生徒役に、林遣都(21)を起用する。また、蓮実の同僚でガラの悪い体育教師を山田が演じる。

 二階堂は「思い焦がれていた三池組。現場に激しく怜花をぶつけていきたい」、染谷は「赤にもいろいろな赤があると思うけど、三池大先生のイメージする赤色の血を流したい」と意欲満々。林は「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成が楽しみな撮影の日々」、山田も「ストーリーや役にひかれた。先輩方から知らないことを教わり、遣都やふみちゃんらを見て、新鮮な感覚を取り戻せたら」と張り切っている。

 クライマックスとなる怒濤(どとう)の殺りくシーンの撮影は5月下旬に行われ、6月にクランクアップの予定。ベネチア国際映画祭は8月29日-9月8日、イタリアの水の都で開催される。



伊藤英明主演の問題作「悪の教典」にベネチア映画祭経験者ずらり!

映画.com 2012年5月10日
http://eiga.com/news/20120510/2/

[映画.com ニュース] 伊藤英明が悪役に挑む「悪の教典」に、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之が出演していることがわかった。今作にはメガホンをとる三池崇史監督を筆頭に、ベネチア国際映画祭の経験者が5人も結集。4月10日のクランクインから1カ月が経過し、撮影はこれから怒涛(どとう)の殺りくシーンに突入する。

貴志祐介氏の問題作を映画化する今作に、頼りがいのある面々が勢ぞろいする。キーワードは、ベネチア。海外の映画祭では常連となった三池監督は、2007年に「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」で今作の主演を務める伊藤と、10年に「十三人の刺客」で山田と同映画祭に参加。さらに染谷と二階堂は昨年、園子温監督作「ヒミズ」で日本人として初めて最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝いている。

伊藤が演じる“映画史上最凶最悪の高校教師”蓮実聖司は、「ハスミン」と呼ばれるほど生徒から絶大な人気を誇り、職員やPTAからも信頼されているが、実は他人への共感能力に欠けた生まれついてのサイコパス(反社会性人格障害)。問題だらけの学校で教壇に立ちながら、最善の策と判断すれば躊躇(ちゅうちょ)せずに殺人をおかす。そして、自らの失敗を隠滅するため、受け持つクラスの生徒全員を惨殺する暴挙に出る。

蓮実が担任する2年4組のなかでも直感が鋭く、蓮実への不信感を抱いている片桐怜花に扮する二階堂は「思いこがれていた三池組です。最高のエンタテインメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたいと思います」と並々ならぬ意欲をのぞかせる。染谷は、怜花に思いを寄せる集団カンニングの首謀者・早水圭介を演じるに際し「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を流したいと思います」とコメントを寄せた。

林が演じるのは、怜花と同じ2年4組の生徒で、蓮実の同僚教師と関係をもつ前島雅彦。山田は、「台本を読んでストーリーや役にひかれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました」と、蓮実の同僚で生徒にセクハラする体育教師・柴原徹朗役を引き受けた経緯を説明した。

「私は、主人公・ハスミンの奴隷だ。もう誰にも止められない」と三池監督がコメントを寄せ、R指定も辞さない覚悟で撮影に臨んでいる今作もまた、第69回ベネチア国際映画祭への出品を目指している。臼井央プロデューサーは「クランクアップ後、すぐに三池監督が編集作業に入り、急ピッチで海外映画祭の選考に間に合うよう進めるスケジュールを組んでいます」と語っている。

「悪の教典」は、11月10日から全国で公開。



伊藤英明主演『悪の教典』でベネチア受賞コンビ、二階堂ふみ&染谷将太が生徒役で再共演!

シネマトゥデイ 2012年5月10日 5時00分
http://www.cinematoday.jp/page/N0041947

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 伊藤英明主演、三池崇史監督のメガホンで、貴志祐介のサイコホラー小説を映画化する『悪の教典』に、第68回ベネチア国際映画祭にて映画『ヒミズ』で日本人初のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)をダブル受賞した二階堂ふみと染谷将太が出演し、生徒役で再共演を果たすことが明らかになった。三池監督のメガホンで第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された経験を持つ山田孝之、そして林遣都が出演することも発表された本作。ベネチア国際映画祭経験者がずらりそろい踏みとなった。

 伊藤英明が、自らの庇護のために自分のクラスの生徒の大量殺戮事件を起こす悪魔的教師・蓮実聖司というこれまでのイメージを覆す役柄に挑戦する本作。今回出演が発表された4人の役柄もそれぞれに鮮烈で、二階堂は蓮実にいち早く不信感を抱く片桐怜花を演じ、染谷は怜花のことを思う同級生で集団カンニングの首謀者・早水圭介役。林は蓮実の同僚教師と関係を持っている同性愛者の前島雅彦、山田は蓮実の同僚で生徒にセクハラをする体育教師・柴原徹朗にふんする。

 二階堂は「思いこがれていた三池組です。最高のエンターテイメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたいと思います」。染谷は「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を、流したいと思います」と芸術的センスの光るコメントを寄せた。

 4月10日にクランクインし、「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています」という林は、「自分は孤立していて少し変わった役柄なのですが、一つの学園の中でのお話なので、生徒の皆と良い雰囲気を作る事を心掛けたいと思います」。台本を読みストーリーに惹(ひ)かれ、三池監督の作品であればと出演を決めたという山田は「三池さんや伊藤さん、先輩方からまだ知らないことを教わりたい、遣都やふみちゃん達を見て、新鮮な感覚を取り戻せたら、そんな気持ちです」とそれぞれ撮影への意気込みを語っている。

 臼井央プロデューサーは「監督キャスト含め、この衝撃を日本に留めることなく、世界に届けられるよう、撮影に挑んでいる日々を送っています」。海外映画祭の選考に間に合うよう、三池監督はクランクアップ後、急ピッチで編集作業を進める予定だという。11月、伊藤演じる蓮実による怒涛の殺戮劇が、スクリーンで繰り広げられることになりそうだ。(編集部・島村幸恵)

映画『悪の教典』は11月10日全国東宝系にて公開



『ヒミズ』の二階堂ふみ×染谷将太、『悪の教典』でサイコパス教師の標的に…

cinemacafe.net 2012年5月10日
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2012/05/12743/

『悪の教典』で共演決定!(左から)二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之

3月の映画化発表後、4月10日(火)にクランクインし順調に撮影を進めている三池崇史監督×伊藤英明主演の話題作『悪の教典』。問題だらけの高校で教師が生徒全員を皆殺しにするという衝撃的な題材を扱う本作で、伊藤さん扮するサイコパス教師・蓮実のターゲットとなる生徒役に『ヒミズ』の二階堂ふみと染谷将太、林遣都が抜擢! さらに教師役として山田孝之が共演することが明らかとなった。

2010年に発売された貴志祐介の同名ベストセラーを原作に、いじめやモンスターペアレンツ、セクハラ、淫行などの問題がはびこる現代の学校を舞台にした、教師による生徒の惨殺事件を描くサイコサスペンス。

問題の教師・蓮実が担任する2年4組クラスの生徒で、直感が鋭く、蓮実への不信感を抱いている片桐怜花役には二階堂ふみ、クラスは異なるが怜花に想を寄せる同級生で、集団カンニングの首謀者・早水圭介役には染谷将太が抜擢。二階堂さんと染谷さんと言えば園子温監督作『ヒミズ』での共演が記憶に新しく、ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞にあたる“マルチェロ・マストロヤンニ賞”を受賞した若手注目株。園組に続く三池組での新たなる化学変化が期待されるが「思い焦がれていた三池組です。最高のエンターテインメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたいと思います」(二階堂さん)、「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を、流したいと思います」(染谷さん)と万全の意気込み!

怜花と同じクラスの生徒で同性愛者であり、蓮実の同僚教師と関係を持っている前島雅彦役には『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』、『莫逆家族 バクギャクファミーリア』など冒険的な役どころが続く、林遣都。「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています。自分は孤立していて少し変わった役柄なのですが、一つの学園の中でのお話なので、生徒のみんなと良い雰囲気を作ることを心掛けたいと思います」と頼もしいコメント。そして、蓮実の同僚で、生徒にセクハラをする体育教師の柴原徹朗役には山田孝之が抜擢! 『クローズ ZERO』シリーズ、『十三人の刺客』に続く三池作品への出演となるが、「台本を読んでストーリーや役に惹かれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました。三池さんや伊藤さん、先輩方からまだ知らないことを教わりたい、遣都やふみちゃんたちを見て、新鮮な感覚を取り戻せたら」とその胸中を語る。

なお本作は、今夏開催される第69回ヴェネチア国際映画祭への出品を目指すことを発表。実は、三池監督と伊藤さんを含む4人のキャスト勢には、同映画祭経験者という共通点が。海外映画祭の常連である三池監督は2007年の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』で伊藤さんと、2010年には『十三人の刺客』で山田さんと同映画祭に参加。二階堂さんと染谷さんに至っては、先述の通りの功績を挙げている。同作の核となる殺戮シーンはこれから撮影されるようだが、どのような三池ワールドが完成するのか?

『悪の教典』は11月10日(土)より全国東宝系にて公開。



映画『悪の教典』、サイコパス教師の標的となる犠牲者4人のキャスト発表

マイナビニュース 2012年5月10日
http://news.mynavi.jp/news/2012/05/10/166/

2012年11月10日(土)より公開が予定されている映画『悪の教典』の豪華キャスト陣が10日、発表された。今回明らかとなったのは、伊藤英明演じるサイコパス教師・蓮実のターゲットとなる生徒役、教師役の計4人。
    
『悪の教典』は、貴志祐介原作の同名ミステリー小説を、三池崇史監督を迎えて映画化した作品。有能で周囲から絶大な人気を誇る高校教師が実は反社会性人格障害(サイコパス)であり、一部生徒から疑いを持たれたことをきっかけに、やがて生徒、同僚など学園すべてを巻き込んだ恐るべき血塗れの大惨殺事件へと発展していく。貴志祐介による原作は、第1回山田風太郎賞受賞作、宝島社「このミステリーがすごい! 2011」国内部門1位、第144回直木三十五賞候補作、第32回吉川英治文学新人賞候補作、2011年本屋大賞ノミネート作と名だたる賞の受賞・ノミネートを果たしている。

今回発表されたキャストは、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之の4人。三池組に思い焦がれていたという二階堂ふみは、直感が鋭く、蓮実への不信感を抱いている片桐怜花役を演じ「最高のエンターテイメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたいと思います」と出演への意気込みを語っている。そして、怜花のことを想う同級生であり、集団カンニングを首謀する早水圭介役には染谷将太。彼は「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を、流したいと思います」と本作ならではの"赤"を追求する姿勢を見せた。

怜花と同じく2年4組の生徒で、同性愛者であり、蓮実の同僚教師と関係を持っている前島雅彦役に抜擢された林遣都は、「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています。孤立していて少し変わった役柄ですが、一つの学園の中でのお話なので、生徒の皆と良い雰囲気を作る事を心がけたいです」と話している。

蓮実の同僚で、生徒にセクハラをする体育教師・柴原徹朗役の山田孝之は、「台本を読んでストーリーや役に惹かれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました」と三池組への想いと、「三池さんや伊藤さん、先輩方からまだ知らないことを教わりたい、遣都やふみちゃん達を見て、新鮮な感覚を取り戻したい」と貪欲な心境を明かしている。

本作は、監督・キャスト合わせて、ベネチア国際映画祭経験者が5名も集結。海外の映画祭では常連の三池監督は、2007年の『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』で伊藤英明と、2010年『十三人の刺客』では山田孝之とベネチア映画祭に参加。さらに、2011年『ヒミズ』で日本人で初めて最優秀新人俳優賞にあたる"マルチェロ・マストロヤンニ賞"を受賞した染谷将太と二階堂ふみの二人を生徒役に抜擢し、第69回ベネチア国際映画祭への出品を目指す。

プロデューサーの臼井央によると、ベネチア国際映画祭については、クランクアップ後、すぐに三池監督が編集作業に入り、急ピッチで海外映画祭の選考に間に合うよう進めるスケジュールを組んでいるという。映画は4月10日にクランクインし、撮影はこれから怒涛の惨殺シーンに突入するという。


『悪の教典』に染谷将太と二階堂ふみの『ヒミズ』コンビ! 山田孝之はセクハラ教師役

MOVIE Collection 2012年5月10日
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=3916

[ムビコレNEWS] 人気作家・貴志祐介の原作を映画化した『悪の教典』。監督は三池崇史、伊藤英明扮する高校教師が教え子を皆殺しにするという衝撃的な内容の本作。その生徒や同僚教師役のキャストを配給元の東宝が発表した。

・伊藤英明、『悪の教典』映画化で主演に抜擢!「史上最凶最悪の主人公目指します」

伊藤扮するサイコパス教師・蓮実に惨殺される生徒を演じるのは、染谷将太、二階堂ふみ、林遣都。ヴェネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)を受賞した染谷と二階堂の演技に期待が高まる。また、生徒にセクハラする体育教師を、演技派・山田孝之が演じるのも見どころだ。

蓮実への不信感を抱く直感の鋭い女子高生・片桐怜花を演じる二階堂は「思いこがれていた三池組です。最高のエンターテインメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたい」とコメント。

染谷は「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を流したいと思います」、教師と関係を持つ生徒を演じる林は「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています」とそれぞれ語った。

また山田も「台本を読んでストーリーや役に惹かれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました」と、作品への思い入れを打ち明けた。

4月10日にクランクインした本作。これから、怒濤の殺戮シーンの撮影が始まるという。11月10日より全国東宝系にて公開される予定だ。



『悪の教典』に二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之が出演決定!

MovieWalker 2012年5月10日
http://news.walkerplus.com/2012/0510/13/

貴志祐介原作の同名ミステリー小説を伊藤英明主演、三池崇史監督で実写映画化する『悪の教典』(11月10日公開)に、サイコパス教師のターゲットとなる生徒役で二階堂ふみ、染谷将太、林遣都が、また教師役で山田孝之が出演することがわかった。監督と出演者合わせてヴェネチア国際映画祭経験者5名が集結、本作の第69回ヴェネチア国際映画祭出品を目指す。

物語は、生徒から絶大な人気を誇り、周囲からも高い評価を受ける笑顔が爽やかな高校教師が、実は他人への共感能力がない、恐るべきサイコパス(反社会性人格障害)であることから起きる、学園を舞台にした生徒の惨殺事件だ。

二階堂は蓮実(伊藤)の担任する2年4組の生徒で、直感が鋭く、蓮実への不信感を抱いている片桐怜花を演じる。三池組への参加に思い焦がれていたという二階堂は、「最高のエンターテインメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたいと思います」と意気込みを語る。クラスは違うが、怜花のことを思う同級生で、集団カンニングの首謀者・早水圭介を演じる染谷は、「赤にも色々な赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を流したいと思います」とコメントを寄せた。林は、怜花と同じ2年4組の生徒で、同性愛者であり、蓮実の同僚教師と関係を持っている前島雅彦を演じる。現在、撮影の真っ只中だが、林は「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています」と期待を寄せ、「自分は孤立していて少し変わった役柄なのですが、一つの学園の中でのお話なので、生徒の皆と良い雰囲気を作ることを心がけたい」と語った。

蓮実の同僚で、生徒にセクハラをする体育教師の柴原徹朗に抜擢された山田は、「台本を読んでストーリーや役に惹かれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました」と作品への思いを明かし、「三池さんや伊藤さん、先輩方からまだ知らないことを教わりたい、遣都やふみちゃんたちを見て、新鮮な感覚を取り戻せたら、そんな気持ちです」と心境を語る。

海外の映画祭では常連の三池監督。『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』(07)で伊藤と、『十三人の刺客』(10)で山田とヴェネチア国際映画祭に参加しており、さらに『ヒミズ』(11)では日本人で初めて最優秀新人俳優賞に当たるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した染谷と二階堂のふたりを生徒役に抜擢。クランクアップ後、すぐに三池監督が編集作業に入り、急ピッチで海外映画祭の選考に間に合うようにスケジュールが組まれているといい、第69回ヴェネチア国際映画祭への出品の意気込みがうかがえる。

自らの失敗を隠滅するため、受け持つクラスの生徒全員を惨殺する主人公・蓮実。撮影はこれから怒涛の殺戮シーンに突入するという。【Movie Walker】



伊藤英明が悪役に挑む三池監督作『悪の教典』、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都が生徒役

CINRA.NET 2012年5月10日
http://www.cinra.net/news/2012/05/10/125206.php

伊藤英明主演の映画『悪の教典』が、11月10日から全国で公開。同作に二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之が出演することが明らかになった。

同作の原作は貴志祐介の同名小説。有能だが他人への共感能力に欠けたサイコパスと呼ばれる反社会性人格障害を持つ教師・蓮実聖司の巻き起こす凶行が描かれている。

監督はこれまでに多種多様な作品を手掛けている三池崇史。主演の伊藤は、学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼のハスミンこと蓮実役に挑む。また、今回追加キャストとして発表された二階堂、染谷、林の3人は蓮実の生徒役、山田は体育教師役を担当する。

三池監督は同作のオフィシャルサイトで「私は、主人公・ハスミンの奴隷だ。もう誰にも止められない」と印象的なコメントを残しているほか、原作者の貴志は「この作品を映画化する際には、主人公・蓮実を誰が演じるかが最大のキモだと思っていました。これまで、いろいろな名前が挙がりましたが、まさか『海猿』の伊藤英明さんとは!正義の味方のイメージが強すぎて思いつかなかったのですが、最高の配役だと確信しました。蓮実役に最も必要な「強さ」がありますし、好青年のマスクにほの見えるダークなものを演じられる希有な役者さんだと思います」と伊藤への期待を露わにしている。

『悪の教典』

2012年11月10日から全国東宝系で公開
監督:三池崇史
原作:貴志祐介『悪の教典』
出演:
伊藤英明
二階堂ふみ
染谷将太
林遣都
山田孝之
配給:東宝



山田孝之、セクハラ教師役! 映画『悪の教典』の追加キャスト発表

ORICON STYLE 2012年5月10日
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2011365/full/

 俳優・山田孝之が、伊藤英明主演の映画『悪の教典』(11月10日公開)で、生徒にセクハラする体育教師役で出演することがわかった。同作は高校教師が自身の失敗を隠ぺいするために、受け持った生徒たちを惨殺するサイコサスペンス。鬼才・三池崇史監督がメガホンを執り、山田は『十三人の刺客』以来の同監督作参加となる。このほか、生徒役に二階堂ふみ、染谷将太、林遣都が発表された。

 同作は、現在フジテレビ系で放送中のドラマ『鍵のかかった部屋』や映画『黒い家』などで知られる人気ミステリー作家・貴志祐介氏の同名小説を実写化。山田は問題だらけの高校に務めるサイコパス教師・蓮実(伊藤)の同僚・柴原徹朗役で登場する。

 山田は「台本を読んでストーリーや役に惹かれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました」と出演理由を明かし、「三池さんや伊藤さん、先輩方からまだ知らないことを教わりたい、遣都やふみちゃんたちを見て、新鮮な感覚を取り戻せたら」と、監督はもちろん個性派俳優との共演に胸を躍らせている。

 また、蓮実のターゲットとなる生徒役には昨年末の「ベネチア映画祭」で日本人初の新人賞を獲得した二階堂ふみと染谷将太が抜てき。勘が鋭く、蓮実に疑いの目を向ける片桐怜花と、彼女を気遣う集団カンニングの首謀者・早水圭介をそれぞれが演じる。

 二階堂は「思いこがれていた三池組です」と喜びを語り、染谷も「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を、流したいと思います」と闘志を燃やす。また、ドラマ『QP』で三池作品を経験している林は「確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています」と、早くも自信をのぞかせている。

 プロデューサーの臼井央氏が「監督キャスト含め、この衝撃を日本に留めることなく、世界に届けられるよう、撮影に挑んでいる日々を送っています」と意気込むとおり、海外映画祭の選考に間に合うよう、三池監督はクランクアップ後、急ピッチで編集作業を進めるという。日本映画の新たな代表作となるべく、怒涛の殺りく劇が展開される。



ベネチア映画祭出品へ目指す!『悪の教典』豪華キャスト陣、ついに一挙解禁!!

CINEMA TOPICS ONLINE 2012年5月10日
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=14295

3月の映画化発表後、4月10日(火)にクランクインし、順調に撮影を進めている『悪の教典』。問題だらけの高校で、教師が生徒全員皆殺し!という本作で、伊藤英明演じるサイコパス教師・蓮実のターゲットとなる生徒役、さらに教師役のキャストが解禁になります!

蓮実(伊藤英明)の担任する2年4組クラスの生徒で、直感が鋭く、蓮実への不信感を抱いている片桐怜花役には二階堂ふみ。クラスは違うが怜花のことを想う同級生で、集団カンニングの首謀者・早水圭介役には染谷将太。怜花と同じく2年4組の生徒で、同性愛者であり、蓮実の同僚教師と関係を持っている前島雅彦役には林遣都。
さらに、蓮実の同僚で、生徒にセクハラをする体育教師の柴原徹朗役には山田孝之が抜擢されました!
自らの失敗を隠滅するため、受け持つクラスの生徒全員を惨殺する主人公・蓮実。撮影はこれから、怒涛の殺戮シーンに突入します!!

本作は、監督・キャスト合わせて、ベネチア国際映画祭経験者が5名も集結!
海外の映画祭では常連の三池崇史監督は、2007年の『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』で伊藤英明と、2010年『十三人の刺客』では山田孝之とベネチア映画祭に参加。さらに、2011年『ヒミズ』で日本人で初めて、最優秀新人俳優賞にあたる“マルチェロ・マストロヤンニ賞”を受賞した染谷将太と二階堂ふみの二人を生徒役に抜擢した本作も、もちろん、第69回ベネチア国際映画祭への出品を目指します!!

臼井 央(プロデューサー):
ベネチアについては、 クランクアップ後、すぐに三池監督が編集作業に入り、急ピッチで海外映画祭の選考に間に合うよう進めるスケジュールを組んでいます。監督キャスト含め、この衝撃を日本に留めることなく、世界に届けられるよう、撮影に挑んでいる日々を送っています。


以下、各キャストコメント

二階堂ふみ(片桐怜花):
思いこがれていた三池組です。
最高のエンターテイメントになるよう、現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたいと思います。

染谷将太(早水圭介):
赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を、流したいと思います。

林 遣都(前島雅彦):
確実に衝撃的な作品になると思うので、完成を楽しみにしながら撮影の日々を送っています。自分は孤立していて少し変わった役柄なのですが、一つの学園の中でのお話なので、生徒の皆と良い雰囲気を作る事を心掛けたいと思います。

山田孝之(柴原徹朗):
台本を読んでストーリーや役に惹かれたのと、やはり三池さんの作品には出たいという気持ちからオファーを受けました。
三池さんや伊藤さん、先輩方からまだ知らないことを教わりたい、遣都やふみちゃん達を見て、新鮮な感覚を取り戻せたら、そんな気持ちです。



二階堂&染谷“ヒミズコンビ”がベネチア再び!?(05/10 10:11)

テレビ朝日 2012年5月10日
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20120510_040.html

俳優の伊藤英明(36)演じる高校教師が生徒を皆殺しにする衝撃作「悪の教典」(三池崇史監督、11月10日公開)に、昨年のベネチア国際映画祭で日本人初の最優秀新人俳優賞を受賞した、女優の二階堂ふみ(17)と俳優の染谷将太(19)の“ヒミズコンビ”が再共演する。人気教師の蓮実(伊藤)が、いじめや淫行などの問題や自身の目的のために、次々と生徒を殺す衝撃の物語。二階堂は担任の蓮実に不信感を抱く片桐怜花役、染谷は怜花に思いを寄せる早水圭介を演じる。そのほか、教師と関係を持つ同性愛者の生徒・前島に林遣都(21)、セクハラ教師・柴原を山田孝之(28)が演じる。二階堂は「思いこがれていた三池組です。現場に激しく片桐怜花をぶつけていきたい」と意気込み。染谷は「赤にもいろいろな赤があると思いますが、三池大先生のイメージする赤色の血を流したい」と話している。同作も今年のベネチア国際映画祭への出品を目指す。※写真は昨年の受賞会見のもの。



PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]