忍者ブログ
伊藤英明應援 3號站
24 . June
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 . January




27號下午第22屆日本Jewelry Best Dresser賞頒獎典禮(日本珠寶名人大獎)

伊藤君獲頒最佳配戴珠寶男性獎

這個獎是頒給本年(2010年)佩戴珠寶最具時尚氣質的名人、明星或有顯著功績的個人

詳細新聞晚點在翻



......他臉真寬了不少ORZ

西班牙過的很舒服嗎XD


























日本ジュエリーベストドレッサー賞に美男美女が大集結

@ぴあ 2011年1月27日
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201101270003




1月26日、東京ビッグサイトで「第22回日本ジュエリーベストドレッサー賞 表彰式」が行われ、受賞者の前田敦子(AKB48)、黒木メイサ、木村佳乃、草刈民代、高畑淳子、八代亜紀、伊藤英明、韓国の俳優・ウォンビンが表彰式に登壇した。

日本ジュエリーベストドレッサー賞は、1990年から毎年開催され、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後もさらにジュエリーを身につけて欲しい人(世代別)」「男性部門」に分け選考される。世界の宝石業界関係者1100名と、多数の報道陣が集る中、女性受賞者たちは「(ジュエリー賞の)規模の大きさにビックリしています。宝石とはあまり関わりのない生活だったので、少しでも宝石の似合う女性になりたいです」(前田敦子)、「ジュエリーを手にしたのは父方の祖母からもらった指輪が初めて。私も自分の子供や孫にジュエリーを受け継ぐことができるようになりたい」(黒木メイサ)、「(受賞の際に)いただいた宝石は大切に使わせていただきます。宝石は大好きなので、宝石の似合う女性になりたいです」(木村佳乃)、「女性はジュエリーを身につけると輝いていきます。気に入ったものを身につけて、これからもジュエリーから輝きをもらいたいです」(草刈民代)、「50代部門での受賞は嬉しいような複雑なような…。(プレゼンターに)指輪をはめていただいたら昔の結婚式を思い出しました。ウォンビンさんには握手してもらったし、伊藤英明さんの胸板は厚かったし、今日は気をつけて帰ります(笑)」(高畑淳子)、「女性はいくつになっても輝いていないといけないと思います。60代になりましたがコンサートも絵も頑張ります」(八代亜紀)と受賞の喜びを語った。

伊藤英明は「昔は飾らない自分が楽だったんですが、ここにいらっしゃる素敵な紳士の方々を見て僕もジュエリーの似合う男になりたいと思いました。もっと自分を磨いてギラギラではなくキラキラしていきたい」と話し、特別男性賞を受賞したウォンビンは「よい宝石として認められるには厳しい工程と審査が必要だと聞いています。これは一生懸けて自分を磨き続けていく俳優と似ていると思います。これからも光を失わず輝き続ける俳優として、皆さんにお会いできるよう努力していきたい」と、各々がジュエリーに負けないキラリと光るコメントをした。

この日特別女性賞を受賞した行政刷新担当大臣の蓮舫は、鳥インフルエンザ対策などの諸事情により受賞式は欠席した。

第22回日本ジュエリーベストドレッサー賞 受賞者は以下。
男性特別賞 ウォンビン
女性特別賞 蓮舫
10代 前田敦子(AKB48)
20代 黒木メイサ
30代 木村佳乃
40代 草刈民代
50代 高畑淳子 60代以上 八代亜紀男性 伊藤英明



英明、海老蔵「羨ましい」

テレビ朝日 2011年01月27日
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20110127_020.html





26日に都内で開催された「第22回日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式には、男性部門で受賞した俳優の伊藤英明 (35)、特別賞の韓国俳優のウォンビン(33)も出席した。伊藤は「昔は飾らない自分が好きだったけど、ジュエリーの似合う男性になりたいと思った。ギラギラせずキラキラ輝けるようになりたい」と喜びのコメント。親友である歌舞伎俳優の市川海老蔵は昨年の婚約時に、3.3カラットのダイヤ付き指輪を妻の小林麻央にプレゼント。それについては「羨ましい。早く僕も結婚したい」とノリノリだったが、結婚願望が!?とツッコまれると、「いや、全くないです!」と一瞬でひるがえした。ウォンビンは「厳しい審査を受ける良い宝石は、一生磨き続けなければならない俳優という職業と似ている」と真摯にコメント。分裂騒動のK-POPグループKARAについての質問も飛んだが、「直接会ったことはない。日本で有名と聞いています」とのみ語った。



AKB48・前田敦子が「宝石の似合う女性になりたい!」

webザテレビジョン 2011年1月27日
http://news.thetv.jp/article/20051/



日本ジュエリーベストドレッサー賞の授賞式が1月26日、都内にて行われ、AKB48の前田敦子、黒木メイサ、伊藤英明、ウォンビンらが出席した。

日本ジュエリードレッサー賞は、'90年にもうけられ、今回で22回目を数える。1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後もさらに、ジュエリーを身につけて欲しい人」を、世代別(10代、20代、30代、40代、50代、60代以上)と男性部門に分けて表彰される。

10代部門では、10代の愛くるしい一面を持ち、ジュエリーのかわいらしさを伝えるイメージリーダーにふさわしいと前田が受賞。白いドレスに身を包み、大人らしい装いで登場した。「きょうはこのような、素晴らしい賞をいただけてとっても光栄に思います。このような大きな祭典に呼んでいただいたのも初めてなので、規模の大きさにもすごくびっくりしているとともに、喜びを感じています」とコメント。さらに、「今まで、あまり宝石というものにかかわりのない生活だったので、このような賞をいただけたことで、少しでも宝石の似合うすてきな女性になれるようにがんばりたいと思います」と自分磨きを宣言した。

また、黒木は「常にスターとして脚光を浴び続け、ジュエリーの持つ華やかさがぴったりだ」という理由で20代部門を受賞。「わたしが初めてジュエリーというものを手にしたのは、おばあちゃんが身につけていたリングを父からもらったのが一番最初でした。まだまだ、先になるかと思いますが、わたしも子供とか、孫とかにジュエリーを引き継いでもらえるようにしたいです」と笑顔で語った。

男性部門では、'10年は映画「THE LAST MESSAGE 海猿」などの大ヒットで活躍した伊藤英明が受賞。伊藤は「昔はアクセサリーをつけなかったり、飾らない自分が楽だったんですけど、会場にいらっしゃるすてきな紳士を見て、ジュエリーの似合うすてきな男になりたいなと思いました」と明かし、今後も「もっと自分を磨いて、ギラギラしないようにキラキラ輝けるように男になりたい」と飛躍を誓った。

さらに、特別賞・男性部門はウォンビンが選ばれ、「受賞は応援してくれたファンと関係者のおかげです」と日本のファンへメッセージを送った。また、宝石が輝くためには、厳しい審査と多くの工程を経らなければいけないことを聞き「一生をかけて自分を磨いていきたい。輝き続けられるように、努力します」と語った。

受賞者
【10代部門】前田敦子(AKB48)
【20代部門】黒木メイサ
【30代部門】木村佳乃
【40代部門】草刈民代
【50代部門】高畑淳子
【60代部門】八代亜紀

特別賞
【女性部門】蓮舫
【男性部門】ウォンビン



AKB48前田敦子に黒木メイサ、ウォンビンら一堂に ジュエリー賞

朝日新聞社 2011年1月27日
http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY201101270146.html
http://www.asahi.com/fashion/gallery/110127jewellery/









最も宝石の輝きが似合う人に贈られる日本ジュエリーベストドレッサー賞の表彰式が26日夜、都内で開かれ、AKB48の前田敦子や女優の黒木メイサ、木村佳乃ら9人に、豪華なジュエリーなどが贈られた。公務で欠席した蓮舫・行政刷新相以外の8人は華やかな衣装で登場、韓流スターのウォンビンにも特別賞が贈られるなど、豪華な顔ぶれの式典となった。(アサヒ・コム編集部)
受賞者の表情をフォトギャラリーで

10代の部門で受賞した前田敦子(19)は、バレリーナを思わせる白のミニドレスで登場した。ハートシェイプのダイヤモンドペンダントなどを贈られると、「宝石の似合うステキな女性になれるよう頑張ります」と満面の笑み。ステキな彼からもらいたいのではとの問いには、「恋愛禁止ですし、ジュエリーというと結婚指輪のイメージもあり、それはまだまだ先の話です」とはにかんだ。

フクシャピンクのラインコンシャスなドレスであでやかさを漂わせたのは黒木メイサ(22)。「初めてジュエリーを手にしたのは、父からもらったおばあちゃんのリング。私も子供や孫に受け継いでいきたい」。身内以外の男性から贈られたことも、「なくはないですけどぉ…」と交わした。

ウォンビンは、10頭身はあろうかというそのスタイルを強調する黒のスーツで姿を現した。普段はあまりジュエリーを付けないというが、この日はTシャツのVゾーンに賞品のダイヤモンドが映えていた。「機会があれば女性に贈りたいですね。当面は親かもしれません。いつまでも輝きや光を失わず、みなさんに愛される俳優になりたい」

男性部門で選ばれた伊藤秀明は、口とあごにヒゲをたくわえワイルドな雰囲気。これまで女性にジュエリーを贈ったことは「数千回」に上るらしい。

このほか、30代部門で受賞した木村佳乃(34)が濃紺のワンショルダードレスであいさつ。40代部門の草刈民代は、夫(周防正行)にニューヨークで買ってもらったジュエリーの逸話を披露した。高畑淳子(56)と八代亜紀(60)もそれぞれ50代、60代部門で受賞した。



AKB48前田敦子「お母さんが一番喜ぶ!」-「ジュエリーベストドレッサー賞」


マイコミジャーナル 2011年01月27日
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/01/27/014/






ジュエリーが似合う著名人に贈られる「第22回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の授賞式が26日、東京ビッグサイトで行われ、受賞したAKB48の前田敦子、黒木メイサ、木村佳乃、伊藤英明、ウォンビンらが出席した。

「第22回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の授賞式に出席した前田敦子 拡大画像を見る

同賞は世代別に贈られ、前田敦子が10代部門、黒木メイサが20代部門、木村佳乃が30代部門、草刈民代が40代部門、高畑淳子が50代部門、八代亜紀が60代部門で受賞。また、男性部門は伊藤英明が、特別賞は蓮舫行政刷新担当相と韓国の俳優、ウォンビンが受賞した。

授賞式に出席し、多くのジュエリーが贈られた前田は「たくさんいただいちゃってびっくりしました! お母さんが一番よろこぶと思います」と喜び、「今までは宝石と関わりがない生活だったので、これからは宝石の似合う女性になれるように頑張りたいと思います」笑顔。まだ男性からジュエリーをプレゼントされたことはなく、「ジュエリーをもらうイコール結婚というイメージが強いので、まだまだ先ですかね (笑)。サプライズは苦手なので自然にいただきたいです」と願望を語った。

ほか、黒木は「子どもにあげられるものを身につけたいです。大切にしていれば輝き続けるので、ジュエリーは一生大事にしていきたいですね。自分も磨き続けます」、木村は「素晴らしい賞をありがとうございます。たくさんのジュエリーをいただき、拝見しましたが、こんな目の保養は初めてで胸と頭がいっぱいです」と感激しきり。高畑は「遠い昔の結婚式を思い出しました。生きててよかった!」と話して会場の笑いを誘っていた。



AKB48前田敦子 「宝石が似合う女性になりたい!」

リアルライブ 2011年01月27日
http://npn.co.jp/article/detail/15994970/





最もジュエリーが似合う著名人を表彰する日本ジュエリーベストドレッサー賞が東京・ビッグサイトで行われた。

10代はAKB48の前田敦子、20代は黒木メイサ、30代は木村佳乃、40代は草刈民代、50代は高畑淳子、60代は八代亜紀、男性の部は伊藤英明、特別賞として韓流スターのウォンビン、蓮舫行政刷新担当相(欠席)らが受賞した。

10代の部で選ばれた前田敦子は「いままでこんな大きな祭典に選んでいただいたのは初めて、宝石とはかかわりがなかったが、これを機に宝石が似合う女性になるように頑張ります」と笑顔でコメント。

この上ない笑顔を見せた女性陣はジュエリーの輝きにメロメロだった。(アミーゴ・タケ)



妖艶メイサ 高価な宝石「持ち帰るの怖い」

中日スポーツ 2011年1月27日
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011012702000085.html


ジュエリーが似合う著名人に贈られる「第22回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が26日、東京・有明の東京ビッグサイトで行われ、受賞した女優黒木メイサ(22)やAKB48の前田敦子(19)らが出席した。

10代部門の前田は、ネックレスを贈られ、「ジュエリーのプレゼントは初めてかも。すてきな彼氏からもらうのがあこがれ。サプライズは苦手なので自然にいただきたいです」と目を輝かせた。

20代部門の黒木は、高価なジュエリーに「持ち帰るのが怖い…」とビクビク。「初めて手にしたジュエリーは、父からもらったおばあちゃんのリング」と告白し、お父さん以外からは?と報道陣に突っ込まれると「ないことはないですけど…」と苦笑いしていた。

男性部門の俳優伊藤英明(35)は、女性に贈った回数を聞かれ「5000回くらい」とおとぼけ。特別賞の韓国俳優ウォンビン(33)は「良い宝石は厳しい工程と審査が必要。一生かけて自分をみがく俳優と一緒」と力強く語った。50代部門の女優高畑淳子(56)は「ウォンビンさんと握手したり伊藤さんの厚い胸板を見たり…いいこといっぱい!」と鼻息を荒くしていた。

30代部門は女優木村佳乃(34)、40代部門はバレエダンサー草刈民代(45)。60代以上部門で演歌歌手八代亜紀(60)が受賞した。



AKB48前田がジュエリーベストドレッサーに メイサ、佳乃ら勢ぞろい


ORICON STYLE 2011年01月27日
http://beauty.oricon.co.jp/news/84260/full/



人気アイドルグループ・AKB48の前田敦子(19)が26日、各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第22回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門を受賞した。東京ビッグサイトで行われた表彰式で、ダイヤモンドを使ったペンダントネックレスを贈呈された前田は「ジュエリーをもらったのは初めて。宝石が似合う女性になりたい」と大喜び。この日は前田をはじめ、黒木メイサ(22)、木村佳乃(34)ら各年代部門受賞者が一堂に会した。

前田のほか、20代部門に黒木、30代部門に木村、40代部門に草刈民代(45)、50代部門に高畑淳子(56)、60代以上部門に八代亜紀(60)、男性部門では伊藤英明(35)がそれぞれ受賞。特別賞には韓国俳優のウォンビン(33)と蓮舫行政刷新担当相(公務のため欠席)が選ばれた。

胸元に輝くジュエリーに前田は「今まで宝石というのに関わりがなかったので」と夢見心地。男性からジュエリーをもらうことは「憧れ」と言いつつも「近いうちでは、全然。(AKB48は)恋愛禁止だし、ジュエリーをもらうって、結婚指輪をもらうってイメージがあるから、まだまだ先の話かな~」とはにかんだ。

ウォンビンは同賞のために来日し「変わることなく応援してくれるファンのおかげ」と感謝。「一生かけて磨かないといけない俳優と宝石は似ている」と持論を交え「輝き続けるように努力したい」と抱負を語った。

黒木は「いずれ自分の子供にもあげられるものを身に付けていきたい」と、今後のジュエリーとの付き合い方を明かすと、「結婚!?」と色めく報道陣にハッとしたのか、「まだ全然、子供のことなんて考えてないですけどね」と補足して笑いを誘っていた。

日本最大の宝飾展『第22回 国際宝飾展 IJT2010』は29日(土)まで開催中。



日本ジュエリーベストドレッサー賞

時事通信 2011年01月27日
http://www.jiji.com/jc/p?id=20110126222717-0373192&n=1



宝石が似合う著名人を表彰する日本ジュエリーベストドレッサー賞。今年は前田敦子さん、黒木メイサさん、木村佳乃さん、ウォンビンさん、草刈民代さん、高畑淳子さん、八代亜紀さん、伊藤英明さんらが受賞=26日 【PANA=時事】



AKB48・前田敦子が「結婚指輪はまだいらない」とキッパリ!

東京ウォーカー 2011年1月27日
http://www.news-gate.jp/2011/0127/2/



「彼氏から指輪をもらって、近いうちに結婚したいか」と報道陣から問われ、「全然大丈夫です」と結婚願望を否定したAKB48の前田敦子さん

1月26日(水)、都内にて、「第22回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式が開催され、AKB48の前田敦子さんをはじめ、韓国人俳優のウォンビンさんら豪華な8人が会場に集結。妖精のように真っ白なフリルドレスをまとって登場したキュートな前田さんは、「彼氏から指輪をもらって、近いうちに結婚したいか」と報道陣から問われ、「全然大丈夫です」と、キッパリ結婚願望を否定した。

「ジュエリー、イコール、結婚指輪のイメージなんです」と、会見で話した前田さん(10代部門で同賞を受賞)。そこで報道陣が、「彼から結婚指輪をもらうのは夢?」とマイクを向けると、「全然大丈夫です」と、質問をはね退ける場面があった。そんな前田さんも、最近母親とおそろいのジュエリーを購入したそうで、「一緒にちゃんとしたものを買いに行きました。ジュエリーは絆が深まるものだと思います」とニッコリ。今回、贈呈された多数のジュエリーについては、「(AKB48の)メンバーには…う~ん、どうしよう。きっとあげないと思う…」と、小声でコメントした。

また、「普段はラフな服装を好んで着るため、ジュエリーは身に付けません」と話した韓流スターのウォンビンさん(特別部門で同賞を受賞)。厳しい審査を経てアクセサリーとなる宝石と自身を重ね合わせ、「ジュエリーは、一生かけて自分を磨き続けなければならない俳優と似ている。私も、これからも努力していきたい」と、決意を新たにしていた。

受賞者はほかに、女優の黒木メイサさん(20代部門)、木村佳乃さん(30代部門)、草刈民代さん(40代部門)、高畑淳子さん(50代部門)、歌手の八代亜紀さん(60代以上部門)、男性部門に俳優の伊藤英明さん、そして特別賞が蓮舫さんに贈られた。【東京ウォーカー】





PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]