忍者ブログ
伊藤英明應援 3號站
18 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 . September




9.1 用藍光的片源重壓一個清晰版的


昨天收電影檔後(網路太發達了,我買的藍光還在船上就先下載到了……)
立刻積極的做片尾演職員表的字幕

海猿系列慣例的演職員表都非常有看頭
前半是劇情回顧,後半是新片玩拍板的畫面
襯著主題曲もっと強く,又催淚(前半)又搞笑(後半)

もっと強く官方是翻成活出堅強
但我以為另一個翻譯 ‘強者之路’更為切題
短短的六分半鐘,剪進這七年來大輔如何從哭鼻子的小菜鳥到最後一集的真男人(.

也包含進大輔生命中最重要的六個男人和一個女人
可以看出他是多麼剋夫…..啊不是是剋拍檔
前後5個拍檔1個上司,死了2個3個有瀕死體驗,最後一集自己也差點歸位,真是了不起的戰績ORZ




仔細看歌詞都有搭配畫面哦~
把心封閉就配工藤掛掉,無法再愛人就搭配大輔親眼看池澤被爆頭orz

附上歌詞


もっと強く

EXILE
作詞:ATSUSHI/作曲:Daisuke Kahara

いつでも人は悲しみを避けては通れないけど
ありふれた日常の中 幸せを見つけられるから
あの日閉ざした心さえ 少しずつ癒えてきたね
誰かを愛せずにいた そんな日々に終わりを告げよう
 
今起きてる全てのこと 現実なんだって受け止めてゆくんだ
希望さえも持てずにいる 誰かのためにこの命を使ってほしいから
 
大切なものを手にして 失う怖さも手にしたけど
絶望の中に一人で迷ったとしても必ず信じていて
この場所でいつでもあなたを待っているよ
 
疑うこともできなくて 傷ついてばかりいたね
その胸の痛みがいつか 誰かの勇気になるのかな
知りたくもない現実や 見たくないことばかりで
それでもきっと僕らは 進んで行かなきゃいけなくて・・・
あの日見てた遠い夢は 形を変えて叶っているかも
運命なら受け入れよう ただ前を見て歩いてゆこう 一緒だから
  
I'm never gonna be afraid of anything
今ここに誓う From bottom of my heart
今よりもっと強くなる 素直な気持ちで やがていつの日にか
ここにいるあなたが心から笑えるように
 
必ず夢を持つとか 背負わなくていい ただ生きよう
その中でもし希望の光が見えたなら ずっとずっと信じていて
 
いつの日か僕らはもっと強くなれる
愛を知るために もっと強く 生きて行こう



強者之路(活出堅強)

無論何時 人都無法逃開悲傷
但在平凡無奇的日子裡 仍能發現幸福的身影
就連那天封閉起的心 也已慢慢痊癒
把無法愛人的日子 宣告終結吧

而今我們唯一能做的 是面對和接受現實
要為了那些 無法懷抱希望的人們 奉獻性命

手握重要事物的同時 也開始害怕失去
即使在絕望中獨自迷惘 請一定要相信
我會一直在這裡 等著你

曾經不懂懷疑 總是受傷的過去
內心的那份痛楚 能有成為他人勇氣的一天嗎
眼前盡是不願明白的現實 不想看見的事物
即使如此 我們還是必須前進...

曾在那天看過的遙遠夢想 或許已用不同的方式實現
接受命運吧 只要注視前方 就能前行
因為我們在一起

I'm never gonna be afraid of anything
我在這裡發誓 From bottom of my heart
要變得比現在更堅強
懷抱率直的心情 期望有一天
能讓在這裡的你 由衷展露笑顏

不用去背負 那些所謂夢想的重擔 只要活下去就好
在那之中若能看見希望的光芒 請永遠永遠相信下去 
總有一天 我們一定能變的更堅強
為了瞭解愛的意義 活下去 變得更強





字幕效果截圖









[Movie] THE LAST MESSAGE 海猿 劇終PV EXILE–もっと強く 中日字幕

MOFAF自製字幕檔,轉載隨意

藍光版


格式:MP4
分辨率:680×506
大小:69.4MB
時長:6分34秒 


在線:
http://www.56.com/u88/v_NjI1NzQ5NDE.html

載點:

GB

夠快
megaupload


DVD版

格式:AVI
分辨率:848×480
大小:92.1MB
時長:6分33秒 


在線:
www.tudou.com/programs/view/g7YsInpqp8k/

載點:

GB

115


PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]